霞神社

宮崎県小林市近くの高原町に鎮座する霞神社は、古くは霞権現と呼ばれ、畜産の神様として信仰を集めてきました。また、霧島六所権現のひとつである狭野神社の別当寺としての歴史もあり、霧島信仰の修験者たちの修行場であったともいわれています。

霞神社

昔から山頂付近には「五色の蛇」といわれる白蛇が棲み、その姿を見ると幸運を授かるという言い伝えがあることから、近年は開運や縁結びの神様として多くの参拝客が訪れています。

霞神社

霧島信仰の山々の一つ、高千穂ノ峰です。

高千穂峰

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする